★ 最終更新日時:2022/12/20

フリーボードでマインドマップ作成

インテルMac miniとiPad pro12.9をmacOS Ventura 13.1iPadOS 16.2にアップデートしたのでさっそく新アプリフリーボードを試してみました


IMG_3919.jpeg

ちょっと使ってみた感じでは、フォントの大きさや種類を変えるのが楽
Mac版の方が広く使えて使いやすい (手書きは除く)

気に入っているアプリNotabilityScapple(マインドマップ Macアプリ)やNeboを統合してシンプルにした感じです

マインドマップはMacだと図形をマウスで2つ選択して右クリック→メニュー 接続線を追加で自動で線が入ります (上図参照)

iPadだとやり方がわからず。できない?のかも・・・・

矢印は他のオブジェクトに付け替えることもできる 他のマインドマップ系アプリより使いやすいかもしれません

手書きに関してはNotabilityのように手書きを図形に変換する機能がないので、手書きだけならNotabilityの方が良い

手のひら検知もないのかな?

試しにScappleで独自の拡張子scapleをドロップしたら上のようにマインドマップがサムネイルで表示されました
Macだと広く使えるので拡大して表示させれば単体で開かなくても確認できる pdfも同様です

Nomad Sculptで作った3DをProcreateで編集、usdzで書き出した書類も入れられる

iPadの場合クリックすると写真アプリが起動してARをぐりぐり楽しめます

● まとめ  個人的に神アプリです

他の純正アプリに慣れてる人なら自然に使えるのではないでしょうか・・

今後このアプリでまとめて、サードパーティ製アプリは補助的に使うことになりそうです

サブスクアプリは避けているので、こういう純正アプリが便利になるのはMacユーザーとしては歓迎です

ProcreateとNomad SculptとBlenderで遊ぶ

ProcreateとNomad SculptとBlenderで遊ぶ

ProcreateとNomad Sculptの組み合わせは手軽で楽しいです 老後の趣味には最適!Blenderは老眼にはキツイNomad SculptからProcreateへ出力の仕方 ↓ProcreateとNomad Sculpt Procreateに3Dペイント機能がついたの..


関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター