★ 最終更新日時:2022/10/29

Macで背景からの対象物の抜き出し機能を試す

iOS 16iPad OS16で背景からの対象物の抜き出しができるようになりましたが、
自分のiPhone6はもちろん2017年のiPad pro12.9は対応していなくて色々残念

背景からの対象物の切り出しが使えるのは、A12チップ以降を搭載したモデル限定らしい

でもステージマネージャに対応してるインテルMac mini(2020年)ならできるのでは?と思い試してみたらできました macOS 13 Venturaにアップデート済です

今までMacではプレビューを使って出来ましたが、面倒だし、使いにくかったのが、簡単になりました 高価なアプリも必要ありません

● 抜き出し方法

家にあるハイネケンのネオンを作例として使ってみます
純正写真アプリを起動 (他のアプリでは動作しません)

IMG_3611.jpg

右クリック長押ししてメニューを出します

被写体をコピーを選択すると、抜き出す部分に沿って白い枠が動き出します
マウスボタンを離すとコピーされています

iOS16とは全然違う動作です・・持ってないから比較できませんが

IMG_9837.jpg

後はメモ帳とかに貼り付ければOK

Pasted Graphic .tiffという拡張子のファイルが出来上がりました PNGじゃない?

スナっqっwqップ001

他にも試してみました 結構綺麗で実用的です

IMG_3547.jpg


スナップ129001

これはブログや写真メモで使えそうです 

AIだからなのか、どれが切り取られるかわかりません
下のは3つとも切り取られましたが、一部だけの場合もありました


IMGP2844のコピー 2

スナっっっっっwップ001

Macが母艦なので、Macで使えるのは個人的には良い インテルMac miniもまだまだ使えそうです

今後は持っていないM1系を購入するとなると、自然の流れでM1のMac miniになりますが、将来外部ディスプレイのフルサポートされたiPadも選択肢になってくると思う OSがその方向に進んでるのは明らか

MacのデスクトップからiPadに主役が移る日も近いかもしれません

長年のデスクトップMacユーザーとしては残念だが、一挙両得とコスパの面で考えざるをえません

今買うなら、iPad Air(第5世代、M1)が狙い目ですが、
あと2年くらい経てば、円安も解消してそうな気がします(希望) 買い時はその時かと・・


関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター