★ 最終更新日時:2021/07/29

MacでLubntuのライブUSBを作って自作PCで試す

IMG_1508のコピー 2

今まで2006年MacbookにLubuntuを入れてましたが、
引退させて自作PCで動かすことにしました

とりあえずライブUSBを作成して、しばらく試した後に
Macbookに入っていたSSDにインストールしてWindows8.1と合わせて使うつもり

まずLubuntuのISO イメージファイルを用意します

以前はEtcherというアプリを使っていましたが、今回はRaspberry Pi Imagerというラズパイ用のアプリのMac版を使いました。使い方はEtcherと一緒で用意したUSBメモリとISO イメージファイルを選択して空のUSBメモリに入れるだけ

!!間違えて他の記憶装置に入れるとデーターが全部消えますので細心な注意が必要です

※ 普通のUSBメモリに戻すにはMacのディスクユーティリティーではできません。認識しません。最初に使ったRaspberry Pi Imagerを起動することでフォーマットできます

早速、最近ケースを交換した自作PCにUSBを挿して起動
BIOSで事前にブート順序をWindowsからUSB-HDDに変えておきます

しばらく待ちますがうまく起動しました
USB2.0に挿したライブUSBですがキビキビ動きます。動画もOK
これならSSDに入れても快適に使えそうです

ただUSB3.0が認識しないのと、Wifi用のUSB無線LAN 子機が認識せず。ちょっと困った

次回ははライブUSBからSSDに入れる作業をします  続く・・

Kingston USBメモリとLubuntuのexFAT

2006年Macbookに入れたLubuntuが自宅のNASに繋がらない(やり方わからない)ので,安いUSB3.0メモリを購入。Macと自作PCとこのLubuntu間のやりとりに使うつもり。で、Lubuntuに入れたらexFATが認識しないなので以下のコマンドでインストールしできるようにしました。sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utilsメモリはすべてexFATにしておかないと不便なのでこれで、使い勝手が良くなった。購入したメモリはキングストンの32GBでタ...

関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター