★ 最終更新日時:2020/05/02

スライドキーボード台DIY その2


自作スライドキーボード台の設置編です。

用意したWAKI スライドレール は17mmなので2センチ程度の厚みの板が最適でした。

なるべく奥行きに余裕がある板の方が安定するし後から、引き出し部分を変えることができます。

自分が用意した板は奥行き42センチです。

IMGP2380.jpg

先にレールをキーボード用の板にネジ止め。ネジは付属してないので用意する必要があります。

ここで問題。頭が厚みのあるネジを使うとレールに干渉して止まってしまう。

なのでなるべく薄いネジを使った方が良いです

その後。L字型のブラケットに付属のネジで止めて机の板にネジ止め。

動かした時に左右と上下に揺さぶって安定してればOKです。不安定だとつけ方が悪いかも。
(過去に2度作ってるので経験あり。スカスカの板、軽い板はあまり良くないです)

ローラ式よりベアリング式の方が滑らかで満足度は高いです。こっちをお勧めします。

IMGP2397.jpg

このWAKI スライドレールWS173は引き残しが73ミリ 片側で237ミリ引き出せます。(合計310ミリ)
なので自分の場合30センチ出したかったので、板の頭から7センチほど下げてネジ止めしました。

結果30センチ出すことができました。これ以上だとちょっと不安定かも。

これでiPad pro12.9も乗せることができました。

スライドレール のブラケットが1400円とずいぶん高くついたけど2200円で製作できました。(板は含みません)

次は応用編です



関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター