★ 最終更新日時:2021/05/29

iPhone6のバッテリー交換 ちょっと苦労しました

2014年9月に購入して1260日使ったiPhone6のバッテリーをAppleストアを通さず自分で交換しました。

バッテリーは3年目で容量が半分に低下。半日持たない状態になってバッテリーケースでなんとか運用していました。

バッテリー情報はMacのcoconutBatteryというアプリで調べました。

取り付けはiPhone5と共通のドライバーを使いました。両面テープの片側が切れてしまい、ピンで引っ張り出して
なんとか取り付けられました。この部分だけ注意すれば後はiPhone5と同様、簡単でした。

注意事項
自分で修理を行うと、Appleの正規のサポートを受けられなくなります。
バッテリー交換は自己責任でお願いします。


テープの引っ張りには十分注意しましょう。

ヘラだけではではiPhone5と違ってバッテリーが変形して危ないと思います。

自分の注文したバッテリーには説明書が入ってませんでしたが、同じ値段とメーカーで説明書が入ってるものがありました。
最初からこっちにすればよかった。 



うぇgr

2日経って、問題なし。起動に5秒かかっていたアプリが3秒になりましたが、体感的には遅い。
バッテリー交換の恩恵はアプリにはあまりない感じです。

ただバッテリーケース3000mAh iPhone6 1810mAh で合計4810mAhの大容量。 容量に関しては気兼ねなく安心して使えるようになりました。

関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター