★ 最終更新日時:2019/07/22

カッティングマシーンでオリジナルTシャツ

MacやiPhoneやiPadをもっと色々な事に生かせないか、常日頃考えていますが、Macに接続できるカッティングマシーンが結構安く買える事に気づいた。

これでオリジナルTシャツを作る事にしました。

なにげに最初3Dプリンターで検索していたらグラフテック社の Silhouette-CAMEO(シルエットカメオ)にたどりついた。

最初はiPhoneでも使える、ローランドの iDecora アイデコラ にしようと思いましたが、Macのアプリが無く、カッティングの範囲が7センチ×10センチとオモチャみたいなのでやめました。

で、Macのアプリがあるsilhouette CAMEO(シルエットカメオ)を選びました。

幅が約50センチと大きいが、奥行きが16センチ程で扱い易い形だと思います。

写真 2013-07-20 1 54 51


イラストレターに対応してませんが、そんな高いソフト持ってませんし、
デザインはiPadで作ってMacに転送して加工すればいいし、
というか、iPadの安いアプリで作ってみたかったというのもあります。

とりあえず、カッティングマシーンの性能がわかる図柄でTシャツ作ってみました。

図柄は日本地図を使ってみました。

Tシャツは無地Tシャツ卸通販のTshirt.stさんで購入

TシャツのブランドはUnited Athle(ユナイテッドアスレ)
5.6ozの5001にしました。

色は墨色。黒より茶色がかってみえて、渋い色です。

刃のメモリは2 ネットの情報だと1みたいですが、なんか切れてないみたいなので2にしました。
付属のソフトはパーソナルで使うには十分だと思います。

名称未ui設定

はじめてでしたが、うまくいきました。

また後で詳細を書いておこうかと思います。



ローランドDG iDecora iD-01 デジタルデコツール
ローランドディージー
売り上げランキング: 115,347


関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター