★ 最終更新日時:2022/11/01

Macのコンテキストメニューから写真の背景を削除する方法

前回の日記で、純正写真アプリから写真の背景を削除する方法を知りましたが、tiff形式になって少々扱いが面倒

Macで背景からの対象物の抜き出し機能を試す

iOS 16やiPad OS16で背景からの対象物の抜き出しができるようになりましたが、自分のiPhone6はもちろん2017年のiPad pro12.9は対応していなくて色々残念背景からの対象物の切り出しが使えるのは、...



調べてみたらMacのコンテキストメニューのクイックアクションに背景を削除が追加されていて、そこからできるようです

この方法なら画像を選択してクイックアクション→背景を削除を選択するだけで、写真を開かなくてもPNG形式の写真が出来上がります (PNGは背景が透明になるのでコラージュに向いている)

他にプレビューのメニュー→ツール→背景を削除でもできます

こちらの2つの方法がより簡単です

● 画像アイコンからの場合

ss 3のコピー 2のコピー

写真を右クリックでコンテキストメニューで背景を削除を選択

アイコンのままで変換される ここでタイトルを変えましょう

ssあああのコピー 2のコピー 2
Mi watch画像が綺麗に切り取られました
“IMG_2810”の背景が削除されましたのコピー

なおPNGからJpegにするのは、以下の方法でクイックアクションに登録しています
下の方法はアプリの方で作ってますが、クイックアクションの方を選びましょう

Macで写真を自動でリサイズ圧縮する

ImageOptimという写真をドラッグ&ドロップするだけで簡単に圧縮できるアプリを使いはじめたのでこれをさらに簡単にするためにMacのAutomatorを使ってリサイズと圧縮を同時にするようにしました...



次回はコラージュに便利なアプリを紹介したいと思います
関連記事


★ 最終更新日時:2022/10/29

Macで背景からの対象物の抜き出し機能を試す

iOS 16iPad OS16で背景からの対象物の抜き出しができるようになりましたが、
自分のiPhone6はもちろん2017年のiPad pro12.9は対応していなくて色々残念

背景からの対象物の切り出しが使えるのは、A12チップ以降を搭載したモデル限定らしい

でもステージマネージャに対応してるインテルMac mini(2020年)ならできるのでは?と思い試してみたらできました macOS 13 Venturaにアップデート済です

今までMacではプレビューを使って出来ましたが、面倒だし、使いにくかったのが、簡単になりました 高価なアプリも必要ありません

● 抜き出し方法

家にあるハイネケンのネオンを作例として使ってみます
純正写真アプリを起動 (他のアプリでは動作しません)

IMG_3611.jpg

右クリック長押ししてメニューを出します

被写体をコピーを選択すると、抜き出す部分に沿って白い枠が動き出します
マウスボタンを離すとコピーされています

iOS16とは全然違う動作です・・持ってないから比較できませんが

IMG_9837.jpg

後はメモ帳とかに貼り付ければOK

Pasted Graphic .tiffという拡張子のファイルが出来上がりました PNGじゃない?

スナっqっwqップ001

他にも試してみました 結構綺麗で実用的です

IMG_3547.jpg


スナップ129001

これはブログや写真メモで使えそうです 

AIだからなのか、どれが切り取られるかわかりません
下のは3つとも切り取られましたが、一部だけの場合もありました


IMGP2844のコピー 2

スナっっっっっwップ001

Macが母艦なので、Macで使えるのは個人的には良い インテルMac miniもまだまだ使えそうです

今後は持っていないM1系を購入するとなると、自然の流れでM1のMac miniになりますが、将来外部ディスプレイのフルサポートされたiPadも選択肢になってくると思う OSがその方向に進んでるのは明らか

MacのデスクトップからiPadに主役が移る日も近いかもしれません

長年のデスクトップMacユーザーとしては残念だが、一挙両得とコスパの面で考えざるをえません

今買うなら、iPad Air(第5世代、M1)が狙い目ですが、
あと2年くらい経てば、円安も解消してそうな気がします(希望) 買い時はその時かと・・


関連記事


★ 最終更新日時:2022/10/25

macOS 13 Venturaの動作確認 インテルMac mini

2020年発売のインテルMac mini(中身は2018)にmacOS 13 Venturaを入れました

開発終了してmacOS Mojaveまでだった、ラベルプリンターメモプリのサードパーティーアプリPrickies! Xは動きました インテルMac だからかもしれませんが、これからも活用できそうです

このアプリはMac内のフォントが使えるので貴重です(iPadの純正アプリはフォントが少ないが手書きはできる)

IMG_3680.jpg

ss 6のコピー2

ScanSnap S1100 古いスキャナーです
問題なし


プリンターHP OfficeJet100
  

Bloutooth認識するが、オフラインになって印刷できない これは痛い・・
USB接続では印刷できる
HP 1200w モバイルプリントアクセサリーでiPadから印刷はできる(動作は遅いけど)

その他の感想

ステージマネージャーはインテルMac miniでも使えました
システム設定はiPadっぽくなりました。慣れればこっちの方が使いやすいかも

siriでタイマーを使うことができるようになりました (Siriはマウスのサイドボタンで起動するようにしています)

Mac miniとマイクでsiri

Mac miniは4極プラグ対応なので、4極のスマホのヘッドホンを繋げればマイクが使えます。自分はPRODIGYCUBE というUSB-DAC のマイク端子に4極を繋げていますが、どうも感度が悪く、...



関連記事


★ 最終更新日時:2022/10/16

無印 アクリル小物ラックの使い方 改良

ペンスタンドにもなる無印良品のアクリル小物ラック

固定しないで、自作カウンターデスクの上を自由に移動させながら使っていますが、そうすると一番下のスペースが無駄になります

IMG_3639.jpg


そこでハガキ大の大きさの板を加工して、下に貼り付けました
(ハンズで売ってた木のサンプル ゼブラウッド

ちょうどこのスペースにBenQ EW2880Uのリモコンが収まっていい感じになりました

渋い感じで雰囲気が変わりました 

IMG_3640.jpg


リモコンが便利な4KモニターBenQ EW2880Uを購入

Mac mini用に新しく28インチ4KモニターBenQ EW2880Uを購入しましたのでレビューBenQ EW2880U エンターテインメントモニター今までのモニター (3年使ってますが今は値段が高騰してます・・)BenQ モニターGW2283  (21.5インチ 解像度1920×1080 IPS液晶) EX-LDGCQ271DB WQHD 27インチ ...



関連記事


★ 最終更新日時:2022/10/11

CheatsheetノートをMacの通知センターで活用する

Macの通知センターのウィジェット 今まであまり活用してませんでしたが、Cheatsheetノートのウィジェットがなかなか役に立ってるので紹介します

CheatsheetノートとはiCloudで同期できるメモアプリです (Mac版は別料金です)

Cheatsheet ノート App
カテゴリ: Productivity
価格: ¥1,200


● フォルダーごとにウィジェットを複数作ると便利

iPad版は色々なパターンのウィジェットが用意されています Mac版も複数作ることができるので、モニターの大画面を有効に使うことができます

純正メモより見やすいし、すばやくアクセスできます
アイコンをiPhoneやiPad,Mac別に分けておけば、どの端末から入力したかもわかります

ssqwe_3のコピー

● メニューバーから直接コピーできる

メニューバーに好きなフォルダーをトップに登録しておきます。この状態でコピーできます
ブログ用のタグとか登録して使っています

xxxx.jpg

惜しいのは同期がすぐ反映されないことと、Mac版は別料金であることです。
自分的には有料版にして十分役に立ってるアプリです

最近アプリも値上げして、新しくアプリを買うには慎重になってしまいます。
なので、使いこなしてない既存の有料アプリを工夫して使うしかないと思っています

ちょっとしたメモやテキスト閲覧に便利な Macメニューバーアプリ

Macのメニューバーに常駐させている神アプリ3つを紹介● PopClip有名なアプリなので詳細は省きますが、その中のアクションにLarge Typeという選択した文字を画面一杯に表示できる拡張機能があります。老眼なので小さくて見えない文字を表示させるのに使えるコマンド+Shift+3でスクリーンショットとって保存しておくと便利ですPopClip カテゴリ: Utilities 価格: ¥1,600● Itsycal for Macカレンダーを表示できるアプリ。予定が縦...


関連記事


★ 最終更新日時:2022/10/03

インフレーターマットの再利用

家でも使えるアウトドアではなく、家でしか使わないアウトドア製品のその後の備忘録
2022年10月3日 更新

5年前に購入したインフレータブルマット(インフレーターマット)
毎日リビングで敷物として使っていたら2年でエアーが抜けるようになりました

やはり家で常時使うのには無理があります(十分役に立ったので製品自体は大満足)

アウトドア製品でミニマム生活

ラグの代わりにリビングで使っているインフレーターマット(インフレータブルマット)キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル ...




結局押し入れにしまって別の折りたたみのスポンジマットに交換。しかし1年でぺちゃんこだし、空気が入ってなくてもインフレータブルマットの方がスポンジがあるだけマシと感じたので再利用する事にしました

ただ大きいので半分に切って、半分生かして、残りは三つ折りにして座布団にする事にしました

その座布団用の方の中身がどうなっているのか気になったので裂いて確認してみました

というのもこのマットレス、汗や水分が染み込みやすく、乾くのも超速い
なので常にサラサラでベタつかない素材で気に入っている。その分汚れも付く

そのため風呂場で洗剤でガシガシ洗っていました(干しておくと3時間で表面は乾く)

そうなると中に湿気が溜まったりしてカビているかもしれない・・

結果はご覧の通り綺麗。カビ臭さもない  生地も丈夫だし、接着面もきっちり張り付いていて剥がれることはなさそう

IMG_3409.jpg

ということで洗っても中身は影響ないのは確認できたので片側はただのスポンジ入りのラグとして使います (空気はすぐには抜けないので膨らますこともまだ可能)

座布団カバーは下のを購入予定  すでにクッション用を3枚持っています
光沢があって洗っても変化無し 安くて埃がつきそうでつかない素材でお勧めです
メリーナイト(Merry Night) 座布団カバー ディアというシリーズの布地です



さっそく座布団カバーを買って、少しサイズを整えて中に入れてみました

横のサイズが、ハイランダーのコットにピッタリ ヘタってきたら他のクッションに入れ替えれば良い

ちなみにHilander(ハイランダー) レバー式GIコット2も家で使っています

IMG_3513 2

関連記事


★ 最終更新日時:2023/02/11

Siriショートカットを使ってAppleTVの地デジアプリを起動する

リモコン付きモニターEX-LDGCQ271DBChromecast with Google TVAppleTV HDを繋げて地デジを見ています

Chromecast with Google TV → torne mobile
AppleTV HD → StationTV


Macユーザーなので音声アシスタントはsiriをメインにしたい

そこでiPadのsiriショートカットを使ってAppleTV HDの地デジアプリを一発起動させてみます変化があったので2022/09/27更新しました

まず最初にAppleTVリモコンというアプリを選択 
下のメニューからAppをAppleTVで開くを選択

IMG_3480.jpg

メニューからStationTVを選択 siriショートカットのタイトルを地デジに変更

これで、ヘイsiri 地デジ とiPadに言うとAppleTVがスリープから解除されて直接StationTVが起動します

IMG_3479.jpg

最近まで、ピクセラのStationTVが起動に失敗して、このショートカットができなくなってましたが、環境が変わりできるようになりました (他のアプリは最初からできます)

StationTVのAppleTV版はワイヤレステレビチュナーのピクセラPIX-BR310Lで使うことができます 組み合わせがあって 最新の機器ではできません

インテルMac miniで地デジを見る方法は下記参照してください



Siriショートカットは奥が深い。スマートリモコンより応用範囲が広そうです スマートリモコンハブは整理しました

現在スマートリモコンはハブ無しのリビング照明しか使っていません。なぜならテレビは20年前から持ってないしエアコン使わない生活をしているし、照明はセンサー付きの方が便利だから

これからはsiriショートカットでいこうかと思います。Macでも使えるようになって他の音声アシスタントとより期待しています

個人的には全部Bluetoothになって欲しい  ネットに繋がらないと使えなくなるのは不便です

下はハブなくても温度のグラフとかはBluetoothで使えるようです。(持ってないので未確認) 使えました

SwitchBot 温湿度計で室温管理

SwitchBot 温湿度計を買いました。目的は室内テントと室内の温度の差とテント内の上昇率を知りたかったからiPhoneやiPad pro12.9とBluetoothで繋げて記録が録れますSwitchBot 温湿度計 クラウドに繋げるにはハブが必要 (SwitchBotハブを別途追加すればGoogle アシスタント、Siriを使えるようになります。)iPhoneとこの温湿度計だけでも記録は取れます 自分は単体で使う予定です写真右はE-Ink(電子インク)のデジタル湿度計  見...



SwitchBotハブもSiriショートカットと相性良さそうな感じです → 相性いいです



SwitchBot 温湿度計 デジタル スマート

AppleTV HDとピクセラのチューナーPIX-BR310LとStationTVの組み合わせだと録画番組の早送りが遅いのでChromecast with Google TVではtorne mobile使って、ピクセラはMac miniでながら見がメインです

その後Macの地デジもsiriで起動するようにしました・・
関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

AmazonプライムでParamount+ 2024/04/22
無印 頑丈収納ボックス 変わった使い方 2024/04/14
サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28

スポンサードリンク

FC2カウンター