★ 最終更新日時:2020/05/02

自作スライドテーブルその3


最近作った自作スライドテーブルの下にダイソーで買ってきた250円の引き出しをつけました。

収納箇所が増えて便利になりました。

これなら机の上にあまり物を置かなくても済みそうです。

IMGP2402.jpg

間にはペンを入れる引き出しを別につけてあります。

これはWAKI 引出しレールを利用しています。
引き出し部分は100円のケースの蓋です

奥の部分はデッドスペース なので邪魔にはなりません。

WAKI 引出しレール314 TSP101 全長314mm

サイドには無印のケースをつけて老眼鏡とApple Pencilを挿しています。

とりあえずこれで完成! 満足度は100%です。

関連記事


★ 最終更新日時:2020/05/02

スライドキーボード台DIY その2


自作スライドキーボード台の設置編です。

用意したWAKI スライドレール は17mmなので2センチ程度の厚みの板が最適でした。

なるべく奥行きに余裕がある板の方が安定するし後から、引き出し部分を変えることができます。

自分が用意した板は奥行き42センチです。

IMGP2380.jpg

先にレールをキーボード用の板にネジ止め。ネジは付属してないので用意する必要があります。

ここで問題。頭が厚みのあるネジを使うとレールに干渉して止まってしまう。

なのでなるべく薄いネジを使った方が良いです

その後。L字型のブラケットに付属のネジで止めて机の板にネジ止め。

動かした時に左右と上下に揺さぶって安定してればOKです。不安定だとつけ方が悪いかも。
(過去に2度作ってるので経験あり。スカスカの板、軽い板はあまり良くないです)

ローラ式よりベアリング式の方が滑らかで満足度は高いです。こっちをお勧めします。

IMGP2397.jpg

このWAKI スライドレールWS173は引き残しが73ミリ 片側で237ミリ引き出せます。(合計310ミリ)
なので自分の場合30センチ出したかったので、板の頭から7センチほど下げてネジ止めしました。

結果30センチ出すことができました。これ以上だとちょっと不安定かも。

これでiPad pro12.9も乗せることができました。

スライドレール のブラケットが1400円とずいぶん高くついたけど2200円で製作できました。(板は含みません)

次は応用編です



関連記事


★ 最終更新日時:2020/05/02

iPad とキーボード用にスライドキーボード台を自作その1


自作カウンターテーブルの下にスライドキーボード台を新たに設置

理由は

iPad pro12.9とiMac27を同時に使った場合机の上が狭くなり使いにくい
iPadに視点距離を合わせるとiMacの距離が近すぎて目が疲れる。
自作テーブルが平らじゃないので、キーボードがガタつく。

ちょうど別に作ってあった小型テーブルがサイズ的にちょうどよかったのでそれを流用してみました。
高さもちょうどよかったのでこれにスライドレール を取り付けてそのままネジ止めするだけ。

下の脚を外せば完成

IMG_8475.jpg

用意した材料は

WAKI スライドレール 17mm幅 DIY店で購入
アイワ スライドレール用 キーボードブラケット 大小4個入り AP-1201C DIY店で購入

奥行き42センチ長さ50センチ厚み2センチの杉の無垢の板

家にあるネジ類



IMG_8470.jpg

完成した写真。製作はちょっと面倒でした。過程は後ほど・・・ 続く

IMGP2362.jpg


関連記事


★ 最終更新日時:2019/11/07

MacにAlceyのテンキーパッド


Mac mini購入する前にテンキー付きMagic Keyboardを購入しようと思ってましたが、値段が高いので安いAlceyのテンキーパッドを購入。

BluetoothとUSBレシーバー式の2.4GHz無線の2種類の方式がありますが、
2.4GHz無線の方にしました。

遅延もなく全く問題ないです。(iMac27で使用)

Macだと一部のファンクションキーが使えませんが、特に自分は必要ないので問題ないです。

設定はキーボードの種類をANSIにするだけです。



旧Magic Keyboardにデザインが合わせてあって違和感はありません。
キータッチが少しカチャカチャする感じですが気になりません。


IMG_8461.jpg

なお、Macの電卓アプリは通知センターの電卓を使ってましたが、他に無料のHandy Calculatorという電卓アプリがあったのでそちらをダウンロード。

こちらも合わせて使ったら使いやすくなりました。


関連記事


★ 最終更新日時:2019/11/03

I-O DATAのWQHD 27インチモニターEX-LDGCQ271DB


テレビとして使っているI-O DATAのWQHD 27インチモニターEX-LDGCQ271DB

ファームウェアをUSBメモリからアップデートしようとしたが失敗する。
どうしたもんか。

現在は古い地デジチューナーを繋げてNest HUBから音声でチャンネルを変えられるようにしています。

その他の操作は学習リモコンで。

こちらのソニーの古い学習リモコンを再び使い始めました。
やっぱりGoogle Homeとスマートリモコンだけに頼るのは無理があります。

EX-LDGCQ271DBもリモコンが付いているので、これも主なボタンだけ登録しています。

モニターには他にAppleTVとPS4 proを繋げていますが、モニターアームをつければ省電力省スペースのモニターテレビになります。

これでまた1つ古い物と新しい物を上手に取り入れることができました。




関連記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

AmazonプライムでParamount+ 2024/04/22
無印 頑丈収納ボックス 変わった使い方 2024/04/14
サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28

スポンサードリンク

FC2カウンター