★ 最終更新日時:2021/07/29

MacでLubntuのライブUSBを作って自作PCで試す

IMG_1508のコピー 2

今まで2006年MacbookにLubuntuを入れてましたが、
引退させて自作PCで動かすことにしました

とりあえずライブUSBを作成して、しばらく試した後に
Macbookに入っていたSSDにインストールしてWindows8.1と合わせて使うつもり

まずLubuntuのISO イメージファイルを用意します

以前はEtcherというアプリを使っていましたが、今回はRaspberry Pi Imagerというラズパイ用のアプリのMac版を使いました。使い方はEtcherと一緒で用意したUSBメモリとISO イメージファイルを選択して空のUSBメモリに入れるだけ

!!間違えて他の記憶装置に入れるとデーターが全部消えますので細心な注意が必要です

※ 普通のUSBメモリに戻すにはMacのディスクユーティリティーではできません。認識しません。最初に使ったRaspberry Pi Imagerを起動することでフォーマットできます

早速、最近ケースを交換した自作PCにUSBを挿して起動
BIOSで事前にブート順序をWindowsからUSB-HDDに変えておきます

しばらく待ちますがうまく起動しました
USB2.0に挿したライブUSBですがキビキビ動きます。動画もOK
これならSSDに入れても快適に使えそうです

ただUSB3.0が認識しないのと、Wifi用のUSB無線LAN 子機が認識せず。ちょっと困った

次回ははライブUSBからSSDに入れる作業をします  続く・・

Kingston USBメモリとLubuntuのexFAT

2006年Macbookに入れたLubuntuが自宅のNASに繋がらない(やり方わからない)ので,安いUSB3.0メモリを購入。Macと自作PCとこのLubuntu間のやりとりに使うつもり。で、Lubuntuに入れたらexFATが認識しないなので以下のコマンドでインストールしできるようにしました。sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utilsメモリはすべてexFATにしておかないと不便なのでこれで、使い勝手が良くなった。購入したメモリはキングストンの32GBでタ...


★ 最終更新日時:2021/07/21

自作PCのファン調整と消費電力

自作PCにLEDファンを増設したついでに、以前からCPUファンが異常に回っていたので
それについてのメモ

まずBIOS に入りファンの設定状況を確認してみました

っsっのコピー

マザーボードはギガバイト製なのでdelのキーで入れます
青いAward BIOS画面がでてきます。

PC Health Status →  CPU Smart Fan modeが AUTOになっていました。
4ピン接続なのでPWMにしてみましたが変わらず。
3ピンのVoltageにしたらさらに悪化・・

そこでSpeedFanという有名なアプリを入れてみました

結果・・・
CPU Fan スピードが3879RPM→1800RPMまで低下
CPU温度も44度→47度で普通の状態を維持

今回増設したLEDファンはマザーボードにつけてないせいかよくわからなかった。

CPUファンが異常に回っている原因はBIOSがF3のままなのと、GPUの動画再生機能が効かず特定のアプリでCPUの温度が上昇するのが怪しいと思っています。面倒なのでそのまま放置です

ついでに ワットモニター で消費電力を測ってみましたがLEDファン3個増設で通常95W ナスネ視聴で110W Youtube 160W!!待機電力2.8W

音楽聴くだけで95WとかこのPCを使う意味があるのか疑問に思ってきた
単に自己満のインテリアとしてはOKですが。。

ちなみにMac miniでYoutubeや地デジを使用しても20Wもいかない
Chromecast with Google TVはたったの2〜3Wです
自作PCの待機電力と変わらないという.. しかもサクサク

Youtubeと地デジをみるなら断然Chromecast with Google TVです

Google グーグル Chromecast with Google TV snow GA01919-JP[クロームキャスト]


自作PCのCPUはPhenom X4 9750 のTDP 95Wなので
次に自作PCを作るとしたらTDP 35WのAthlon 3000Gあたりで良いかな?と思いました

Chromecast with Google TVとtorne mobileで節電

nasneのMacでのながら見は21インチのモニターを使用していますが、全画面で見るときは27インチのモニターとChromecast with Google TVとtorne mobileの組み合わせで快適に見れるようになりましたtorne mobileは今のところSD画質でしか見れませんが、使用している27インチモニターEX-LDGCQ271DBで2メートル離れて視聴している限りでは普通に綺麗ですモニターの色をテレビ用に調節しているのと小型でWQHDだから粗が目立たないのかも...




★ 最終更新日時:2021/07/19

EZDIY-FAB 120mm白色LEDリングファンを装着

自作PCに増設した光るファンについてもう少し詳しく書きたいと思います

EZDIY-FAB 120mm PWM白色LEDリングファン

IMG_1413のコピー

増設方法は3つ
▲マザーボードのシステムファン端子から分岐させる → コントロールと管理ができる

ファン 電源 ケーブル ファン用電源延長ケーブル

自分の場合、有線キーボードを捨ててしまいBIOSに入れないので選ばなかった
回転が抑えられると光らないこともあるような情報もあったため
でも後々考えてこれの方が良かったかも。SpeedFanというアプリをみつけたため

▲電源から分岐させる 
ペリフェラルSATAコネクタの2つのタイプがある
この場合は回転がMAXになってしまう。でも確実に光るし、それほどうるさくない

自分は配線をSSDのケーブルに足せるSATAコネクタタイプを選んで後ろのパネルに装着しました

変換名人 ペリフェラル(大4ピン) → FAN用電源(3ピン)変換4分岐ケーブル




今回購入したEZDIY-FAB 120mm白色LEDリングファンは3個入りで税込1406円でした

ペリフェラルがケーブルに一緒についていてこれが邪魔ですがしょうがない・・

これはリングが片面しか光りません。光る側が吸気 光らない方は排気です

IMG_1430のコピー

EZDIY-FAB 120mm PWM白色LEDリングファン



室温32度でもクールな感じです

あとこのPCケースとは関係ないですが、CPUクーラーファンが爆速になる 
3500RPMでCPU温度41度程度で明らかにおかしい
なのでBIOSに入る為に有線キーボードを注文中です

次はこのキーボードのレビューをしたいと思います



サンワサプライ 有線USBスリムキーボードSKB-SL18BKN

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

最新記事 (サムネイル付)

サンワダイレクト200-CD070卓上クリーナーレビュー 2024/02/01
ユニフレーム フィールドキャリングシンクとWHATNOT収納コンテナ 2024/01/16
ダイソー環境にやさしいコンテナボックスを買ってみた 2024/01/08
Google Nest Hub 色々なメモや通知機能 2023/11/06
Mac mini(2020)で地デジ視聴 2023/09/28
iPadOS17のウィジェットのシンプルな設定 2023/09/24
夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンで乗り換えする 2023/09/16

スポンサードリンク

FC2カウンター